バックナンバー

不動産経営は税金も計算するべき

不動産経営を兼業で行う時は片方の収入がある事でマンションやアパートを購入する時のローンの支払いと家賃収入がほぼ同じ額になっても生活費の捻出ができます。しかし家賃収入がローンの支払いでほぼ全て消えてしまうような資金計画を立てると片方の収入が大きく落ちたり、無くなった時に収支が赤字になって破綻してしまいます。もしローンの支払いで家賃収入が手元に残らなかったとしても家賃による収入がなかった事になる訳ではありません。そのため家賃収入分だけ税金の増額が起きます。その増額分の税金を計算していないと家賃収入でローンの支払いができても税金の増額によって収支が赤字になって不動産経営が破綻する原因になります。家賃収入などはあくまで予想であるので、収支の予測をする時は多少の誤差があっても赤字にならないように余裕を持った予測が必要です。ローンの支払いができない為に途中で購入した不動産を手放すと損失が残る可能性が高いので、ローンの支払が不可能になる事態だけは避けられるように準備しておくべきです。管理業務を委託する時は不動産経営の安定化をはかる為にサブリース契約で家賃保証をしてもらって空室リスクを無くすのも一つの良い方法です。

↑PAGE TOP