バックナンバー

不動産経営での収支対策のコツ

不動産投資は、経営センスが求められるもので不動産経営を行うためには黒字経営である必要があります。このため不動産経営を行うさいには必ず収支がプラスになるように対策をしなければなりません。不動産経営の収支においては、利用者から得られる収入に対して、さまざまな経費が必要になります。例えば賃貸物件や駐車場であれば維持管理費用が必要ですし、また必要に応じて修繕も必要になってきます。対策としては賃貸ではサブリースを利用するといった方法があります。サブリースのメリットはサブリース会社に貸し出すことで安定した賃料を得られるということで、利用率に限らず安定した収入を得ることができるので収支のうち収入に関しては、十分な対策が可能です。それにサブリース会社が積極的に入居者を集めてくれるので、利用率そのものが良好な状態を保つことができます。また駐車場などの場合には土地そのものを借り上げて代わりに駐車場を運営してもらう方法もあります。この場合には経営に関わることなく、安定した賃料収入が得られるほかにも、支出に関しても運営会社の負担となるので収支バランスを気にすることなく収入を得ることができるメリットがあります。

↑PAGE TOP