バックナンバー

不動産経営成功の秘訣

不動産経営では、収支計算により事業性を確かめることが成功の秘訣となります。不動産事業では、収入と支出を計画段階から把握することが大切です。収入は毎月の家賃収入がメインとなります。加えて、駐車場の貸し賃も加算されます。それに対して、支出は初期投資と毎年生じる形状的な支出に分かれます。不動産経営では土地をすでに取得している場合がほとんどなので、初期投資の8割ほどが建設費に費やされます。さらに、設計費用、登記費用、消費税、近隣対策費などが加算されます。経常的な支出では、不動産経費や火災保険、支払い金利が主になります。元金の支払いは収支計算には計上せず、貸借対照表に計上されるのが一般的です。不動産経営を成功させる秘訣は、収支計算の段階で黒字化することです。黒字にならない事業は、事業性がないと判断され、融資が受けられない場合があります。不動産経営で成功するには収支計算を元に算出される、利回りの数値も重要となります。実質利回りは、詳細な収支計算を元に算出される一つの指標です。成功する利回りは大都市圏では15%以上、地方でも、10%以上は必要とされます。不動産経営には、借入金、借り入れ金利、借り入れ期間が大きく影響します。

↑PAGE TOP