バックナンバー

新着情報

不動産経営の収支に見る傾向

不動産経営の収支は利回りで決まります。その傾向として見られるのは、不動産価格が高騰していることで利回りが低下していることです。地価が上昇していることを受けて、マンションなどは都市部を中心に価格が上昇しています。そのために家賃に対する利回りは低下し、不動産経営の収支は厳しくなります。新築物件を購入するためには、物件選びが難しい傾向が見られます。その点、中古物件であれば比較的高い利回りを確保することができます。不動産経営をするには資金的な負担も少なく、収支も確保できます。ただし新築物件が高騰していることを受けて、中古市場も上昇する傾向が出てきています。また築年数の古い物件は耐用年数の関係で節税効果も薄れます。そのために不動産経営の物件選びは築年数の浅い物件選びが高い収支につながることになります。またサラリーマンの不動産投資の人気を受けて物件選びも難しくなる傾向が出ています。長期保有と短期保有では不動産経営の方法は異なるので、いかに収支を確保するのかがポイントになります。そのためのセミナーが人気を集める傾向もあります。これからの物件選びと運用に関するノウハウを得られることがその背景にあります。

↑PAGE TOP